71904_x
『モエ・エ・シャンドン』 143/300 額サイズ 88×50㎝

アルフォン・マリア・ミュシャ(1860年7月24日-1939年7月14日)は、

チェコの画家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、アール・ヌーヴォーの代表的な画家として知られている。広告、ポストカード、ブックデザイン、ステンドグラスなど幅広いジャンルで活躍。 
アール・ヌーヴォー様式が流行していたパリの「ベルエポック」時代、
大女優サラ・ベルナール主演の舞台『ジスモンダ』の宣伝ポスターで大きなセンセーショナルを巻き起こし有名人となる。
以後、ポスターをはじめ、装飾パネルなど数々の耽美で幻想的な女性イラストレーションを制作し、
アール・ヌーヴォーの巨匠としての地位を確立