P5190081 (1)
吉岡耕二

『ラ・セーヌ』 F15

吉岡耕二は1943年大阪府生まれ。
24歳で自由な色彩表現を求めてパリ国立美術学校に留学。
1975年に日本人としては最年少の31歳で、サロン・ドートンヌの正会員に推挙されるという実力派。
地中海を中心としてヨーロッパ、北アフリカ、カリブなどにある多くの国を訪れて描いてきている。
私にとっての彼の作品の魅力は、キャンバスの中に大胆な構築される対象の姿と、
色による心の表現であろうその鮮烈さには圧倒されるところにある